上海空港で寝泊まりすることになった話

上海から日本に帰国する便は朝8時25分。

朝5時に起床

ホテルを出発し、タクシーで向かう

渋滞に巻き込まれながらも、6:40頃到着

チェックインをする

さぁて、時間もお金も余ってるし、小籠包でも食べようか

 

「さぁて、時間もお金も余ってるし、小籠包でも食べようか」

これが間違いだった。

 

到着した時にはあまり気がつかなかったけど、上海の空港は超でかい。そりゃそうだ、中国は日本の人口の13倍ある、世界最大規模の空港。そしてこの「小籠包」がアダとなってしまう。

 

小籠包は冷凍(と予想)でも、解凍するのにかなり時間がかかる。やばいやばい、10分経ってるのにまだ出てこないよと焦る友人。ふぅ、やっとでてきた!早く食べようアアァァ熱っっ!!小籠包の早食いはもはや罰ゲーム。

とりあえずダッシュで手荷物チェックへ向かう。ところが!手荷物検査の列の長さ!おい、渋滞は免税レーンだけで充分だよ!(中国は爆買いするからか、免税レーンに人が渋滞する。日本ではありえないねー)

 

おれ「大丈夫だ友よ、遅れそうになったらアナウンスが流れるからそれに従えば乗れる。以前にも日本で乗り遅れそうになったがJALスタッフの方々と一緒に走ってなんとか乗った経験がある(←迷惑な客)

俺たちはもうチェックインをしてるんだ見捨てられることはないだろう(中国語は分からないが)」

(中国語は分からないが!!)

 

手荷物検査にかかった時間はなんと25分。やばい、登場ゲート予定時刻まであと5分だぞ!

しかし中国のLCCだったからか、乗り場は無駄に遠い。

 

おれ「いや、でもアナウンスで呼ばれてないし!LCCはよく遅れるし!大丈夫っしょ!」と全力疾走する。着いた!登場時間ぴったりだ!搭乗口はどこだ!?

 

搭乗口近くにいるお姉さんに確認する。

おれ「ニイハオ、Where is (便名〜)??」

スタッフ「Oh, Few minutes LATE!!」

おれたち「orz」

 

なぜ呼んでくれなったんだ。。なぜ手荷物を優先してくれなかった。。そんなこと中国語で言えるはずもなく。(そもそも自業自得なんですが。

 

まるで捕虜のように、特別なエレベーターに案内される。お、もしかして飛行機の前までいける特殊なエレベーターがあるのか!?淡い期待を胸に、エレベーターを出るとそこは、、!!

手荷物検査前の入り口!!あぁおれたちの20分分の苦労が!!!!!!

 

そしてチェックインした場所まで戻され、説明を受ける。コンピューターを操作する男性と、案内してくれ英語通訳してくれる女性スタッフ。

 

女性「残念ながら数分遅れたので、飛行機にはもう乗れません。」

おれたち「分かりました、自分たちに残された道は?」

女性「午後に弊社の羽田行きの便がありますが、満席です。もし明日の同じ時間、つまり24時間後の弊社の飛行機に乗るならチケット代は不要です。他の航空会社で帰っても構いません。明日の7時までにここにチャックインしにきてください。」

おれたち「他の航空会社で帰る手段と価格って調べることできますか?」

女性「ちょっと待って、男性スタッフに聞いてみる」

女性to男性「○▼※△☆▲※◎★●・・・・・・・・・・・・・?

男性to女性「○▼※△☆▲※◎★●・・・・・・・・・・・・・

女性「残念ながら、他の便も全て満員です。あなたたちに残された手段は24時間待つことしかなさそうです」

おれたち「まじかぁ。。」

 

すると、隣にいた(同じデスクでなにやら交渉していた)中国人らしきお客さんから声をかけられた。

客「そこのお兄さん、このパソコンじゃあ他社の航空状況は調べられないから自分で調べろって言ってましたよ」

おれたち「!?!? あ、ありがとうございます!(すごい、日本語ペラペラだ)」

 

あとで実際に調べてみると、確かに日本行きの飛行機に空席があった。ただし、高いor場所が静岡など。別に今日帰らないといけないという訳ではない。友達と話し、ここで泊まることにした。(Airbnbなども考慮したけど、そんなに現金を持ってなかった)

 

そういえばあの日本語で教えてくれた人は何をしていたんだろう。さすがに見知らぬ土地で夜を明かすのは不安が伴う。

 

おれたち「あのぉ〜、お姉さん何かあったんですか?」

現地女性?「いや、留学帰りで帰るのにビザが切れてしまった?みたいでチェックインできず、同じように24時間後の飛行機の乗ることになるかもしれないんです!」

おれたち「日本人!?」

 

見た目からはどう見ても日本人とは思えない。1年もいると外見も現地人に似るのだろうか。。笑

 

おれたち「じゃあ留学の話も聞きたいし、一緒に泊まりましょうよ!飯代ぐらい出しますので!」ということで、空港で24時間一緒に過ごすことになった。

f:id:yuunakamura817:20170318002132p:plain:w100

友達に許可取ってないのでモザイクつけてます。仲良くなったのはこの茶髪の女の子。どう見ても日本人の風格ではない。

 

f:id:yuunakamura817:20170318002135p:plain

モンゴルで買ったという双六ゲームもやりました。

 

f:id:yuunakamura817:20170318002136p:plain

こんな感じでどうどうと寝てました。中国人ってどこでもみんな寝てるから公共の場で寝ることに罪悪感がない。18禁なので一応モザイクつけました。

24時間稼働しているバーガーキングもあったし、電源も確保できたので予想外に快適な24時間だった。爆睡もできたし、シャワー以外何も困らず。

最後には友達もできて良い一日でした。こんなのんびり日程できることは今後なかなかないだろうし、ハプニングも旅の醍醐味ということで!