組織に属する、ということ

組織を作ることを決意してからはや1年半。
やはり自分もいろんな組織に属していることで学べることが多いなぁと思うので、今後はいろんな組織に属してみたいなと思ってます。

組織=社会=社会人!

そこで今回は、とあるお堅そうな組織に見学としてお邪魔してみました。

f:id:yuunakamura817:20171222203436j:plain

見学一発目から先輩たちの卒業式にお邪魔しました。

この組織が面白いのは、会費を払って公共事業をすること、そして会員のほとんどが独立(事業者)している人ってこと。

卒業生の人たちの熱いスピーチも聞けました。

「どうしても変えたいことがあって、ルールを破ろう、変えようとしたけどダメだった。地域、そしてこの組織のために立ち向かったけど、ダメだった。でもやり遂げた」

 みたいな話をしている女性がいて、すごい熱いなと思った。ルールとか習慣は作る側に立つか、グレーゾーンを責めるか、もしくは反対者を組織から除外するしかない。

まだこの団体に加入することが決まったわけではないので名前は伏せていますが、これともう一つ別の団体にも加入しようと思っています。どちらも推薦者が必要なんですが、推薦者は周りにいるものではなく作りにいくものだと思うので全く問題なしです。

外に出ると、やはり発見もあるし新たな機会に恵まれます。来年はひたすら外に出たいと思います。今年は中に居過ぎた。