読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【震えた】AIは間違いなく世界を変える。

f:id:yuunakamura817:20170104100320j:plain

新しいテクノロジー 

漠然とAI(人工知能)って聞いたことあった。内容も少しは知っていた。けど、ここまですごいものだと思っていなかった。*ここでは人工知能IBM社のWatsonの話です。

歴史の教科書にICT革命(IT革命)と書かれていた通り、歴史の視点から見るとインターネットは革命的だったと思う。さらにスマホが普及した。一人一人が、ほぼ無意識で(インターネットを使っているという自覚さえなく)、いつでも使うことができるようになった。そしてここ数年、あらゆるモノがインターネットと繋がるIoT。

いま自分の持っているものでインターネットとつながっているのは電話(スマホ)、時計、カメラ(一部)。今後靴や掃除機などにもインターネットがつながったらすごい時代になりそう。

人工知能はインターネットを発展させる。
現在、約250京バイト/一日 のデータが作成されている。
2020年には、約40ゼタ(10*21)/1日のデータが作成されるだろうと予測されている。モノにインターネットが繋がるとそうなるだろうな。

ライフログが加速する

いまライフログをつけています。

studyhacker.net

友人にもライフログをつけている人がいる。自分も体験してみて分かったが、これの弱点は見直した時にデータ量が莫大すぎること。例えば毎日の食事を記録して、1年間の食事をデータ化する。見直す。あぁ、こんなもの食べたなぁ。この時食べすぎちゃったなぁ。あれ、こんなもの食べてたんだ。

色々分かるかもしれないが、それだけである。

人工知能は何をしてくれるのか

自分なりに勉強して分かったことは、今までまとめられなかったものをデータ化し、さらには新しい提案もしてくれる。

例えばライフログ【食事】だったらこんな感じ。「あなたの食事の傾向を見るとビタミンBが足りません。普段の食事にチーズを加えるといいですよ」とか、「あなたの食事を分析した結果、おそらく〜〜というお魚が好きだと思います。Amazonでも購入できますよ」などなど。つまり、自分の生活に専門家がいつも付いて回るような。

食事だけではない。行った場所などを参考に「近くにあなたが好きになりそうな場所がありますよ」なども提案してくれる。

さらにすごいのが、これまでは文字などをプログラミングとしてデータ入力しなければならなかったが、これからはそんな必要ない。あなたの写真、音声、モノの使い方などもデータを取ってくれる。

薬を提供する医者は、必要ではなくなってくるかもしれない。10分の診察より、自分の食事や睡眠時間、体の特性を熟知している人口知能の方がよっぽど信頼できる。

お金の管理も任せよう。資産管理もできる。どの株が有望か、金が値上がりしそうかなども把握している。

知識の専門家も要らなくなってくるかも。人間の知識量より、人工知能の方が何倍も知識量があり引き出しがある。

 

以下、動画です。1つ目の動画は必見です。鳥肌ものなのは、これが5年前という事実。ワトソンは年を追うごとに進化スピードを早めていっている。今はどんなスピードで進化していってるのだろうか。

www.youtube.com

www.youtube.com