読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の問い

こんなにたくさんブログを書いておきながら、自分の人生の問いを書くのを忘れておりました。

エンターテイメントはロジックで作ることができる。

ランダム性

ランダム性を入れることで、楽しくなる。
例えば、サイコロを振って当たれば割引or でた目に応じて割引など。 

5感に訴えてみる

例えば、噴水のショーならば、目はもう使ってるので
匂いをつけくわえてみる。水をかければ触覚を刺激できる。
噴水に合わせて音楽をつければ聴覚を刺激できる。噴水の水を飲めるようにして
味をつければ、味覚も刺激できる。(例えば噴水の水をラムネにしちゃうとか)

 5感を刺激されると、人間の記憶力はぐんと高まる。

色を変えてみる

当たり前だと思っているものの色を変えてみる。例えば、トイレの標識を、青は女、赤は男にしてみる。白黒の世界にする。部屋の色を全てピンクにする、など。色を変える、統一するだけで面白くなる場合もある。

動きを変える。

動くだけで目を引かせるようになるが、中でも虫の動きは特徴的。
例えばペンをゴキブリのように動かしてみると鳥肌が立つ。
逆に、ゴキブリの形をしていても、カブトムシと同じ動きにするとカッコよく見えるかもしれない。

 

エロ要素を加えてみる

チラリズムだったりツンデレだったり、そういった要素が加わるだけで面白くなる。今まである事例でいうと レストラン×エロ(ノーパンしゃぶしゃぶ)や麻雀×エロ(脱衣麻雀)など。

 

参加型

例えば人狼ゲームの参加、ニコニコの動画のコメント機能、FBのいいねボタンなど。祭りのダンスやハロウィンの仮装などもこの要素。

商品報酬型(賭博)

参考でいうとカジノ

 

以上の例のように、何かを面白くしようとするアイデアにはある程度の法則があると思う。それは既存のものや、便利な技術(インターネットなど)、最新のテクノロジーなどの組み合わせでできるもの。

で、このエンターテインメントの中でも日本、日本人だけが感じるエンターテインメントの要素があると思う。今まで見つけたのは「チラリズム」だけ。

花火や祭り、日本の文化(と同時に外国の文化)を勉強していけばまた新たに見つかるかなぁと自分で期待している。

これを見つける作業をしていけば、自然と面白いことが発想できるようになる。
エンタメだけに限らず、要素を見つけていく作業は自分の中でマイブーム。人生の問いの1つ。

「日本独自のエンタメの要素は何か」

最近、和服やふすまなど横の動きが日本には多いことを知った。
確かに、横から回すという概念は日本独特かも。何かエンタメに使えるかなぁ。。