人生の進め方はドラクエで学ぶ

人生でいちばん好きなゲームは、と聞かれたら間違いなく「ドラクエ」と答える。

www.jp.square-enix.com

ドラクエ5はおそらく10回以上クリアしている。
クリアするのに40時間以上は必要だと思うので、人生の大半をドラクエ5に費やしたと言っても良い。笑
(幸いだったのは、それが小学生の時ということ)

このゲーム、別にエンディングがランダムで登場するからたくさんクリアしなければならないというわけでもない。けれど当時面白かったのは、いかに効率良くサクッとクリアするかを考えながらプレイするのが楽しかった。裏技もたくさんあるので、その裏技でプレイしながら楽しんだり。(お金持ちからスタートしたり、攻撃力が死ぬほどアップしたり、モンスターを仲間にする確率を100%にしたりする裏技がある)

そこの考え方は、今の人生でも教訓になっているかなと。

無理をしてでも次の街にとりあえず進む(環境と仲間)

ドラクエって、とあるタイミングで仲間が増えたりするんです。仲間が増えると装備にお金がかかったりレベル上げるの辛かったりするんだけど、プレイ終了後に振り返るとメンバーなしでは偉業を達成できないことに気づく。一人1ターンに1回の行動しかできないのが、1ターンに攻撃と魔法と回復をしてくれるようになれば、3倍の速さになる。(ドラクエ5は一回の戦闘に最大3人まで参戦できる)この仲間を増やすために、もう瀕死(逃げる、もしくはモンスターに出会わないことを祈る)状態でもいいから次の街に行くことが大切。ドラクエでは、たいていの場合次の街に良い武具が揃っている。敵の強さも強くなるため、レベルを上げる経験値のもらえる額もでかい。街によっては宝箱などで無料で手にはいる武具もあるため、とにかく次の街に行くべし。

で、これを現実世界に当てはめるととても難しいんだけど、常にアウェーの場所にいることが大切なのかなと。「やばい、ここ自分の身分に相応しくないわ」と思うぐらいが一番いいなと。それでも頑張って背伸びしていけば、いつかそれが日常になっているはず。

借金をしてでも武具を揃える(お金)

ドラクエでタイムトライアルがあったなら、まずラスボスがいる前の街に行って借金して超強い武具を買い、最初の街からスタートするのが一番早い。が、残念なことにドラクエでは最初から最後の街にも行けないし借金もできません(泣)。じゃあどうするかというと、とにかく要らないものを売る。売りまくる。もう何回もクリアして必要なものは何なのか熟知している。売って強い武具を買う。これの繰り返し。

自分の人生においても、借金=悪だとは一切考えておらず、武器を手にするための借金だったらするべきだと思う。現実世界だと何が武器なのかを認識するのが難しい。でもそれが武器だと認識できたなら、すぐに買う手段を考える。

お金がある状態のスタートでも、クリア時間に大差はない。(番外編)

お金があれば武具も便利な道具も宿で休憩もできる。裏技でお金がある状態にしてプレイしても、上記を買う(利用)ときに考えていたことを考えなくて良いというぐらいの利点しかなく、特別なことや良いことは特になかった。攻撃力をアップさせたりお金を増やしたりする裏技を使うとゲームがつまらなくなるのは世の常、か。笑

それでも裏技を使わなければ見えないものもある。ただでさえ出現確率が少ないはぐれメタル、通称「はぐりん」を仲間にできた時の感動は、もう言葉では言い表せられない。予想外に使えなかった悲しみもあります。笑