読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMURAYU

1pxのモザイク

「会社を辞めた理由」

人生は選択の連続で決まる。人生を変えたければ無理やり選択を変えていくしかない。

 

辞めた理由は

いつか会社を立ち上げるなら、今からやる方が近道だと思った。

高校で留学に行くと、留学費が超安い。すべての費用(生活費、渡航費等すべてのかかるお金)が150万円ぐらいで済むんじゃないか。大学で行ったら500万円ぐらいはかかると思う。

大学で留学に行った人は「高校で留学行って羨ましいです」ってよく言うけど、オレからしたら「中学で行けばよかった」と思っている。最高に楽しかった日本の高校での3年間を約束されていた中で1年間の留学。リスクというか、代償もけっこう大きいよ。あのクソつまらなかった中学時代に行けば最高に良かったなと思う。行こうと思ってたのに、行かなかった。なぜか後回しにしてた。

行動したことに関して後悔は少ないと言われる(し、おれもそう思う)。行動が成功すると「なぜもっと早くやらなかったんだ」とみんな思う。

 

そういうこと。

環境を変えなければ、チャンスは来ないと思った。

おれは会社を辞めた時、お金ない、スキルない状態だった。

それでも辞めようと思ったのは「チャンスが巡って来ないから」。

会社やりながら「いつか独立したい」なんて言ってるやつ信用ならないよ。

お金が必要になってからお金を集めればいいし、スキルが必要になってから習得に励めばいい。どっちも準備万端にしてたら人生はもう最終期(60代)になってる。

会社を立ちあげてる同年代の人たちとの交流が楽しそうに思えた。

会社を続けていたら自分の会社の人(特に同期)しか友達になれない。井の中の蛙。もっと外の世界を知りたい。

未来が見えて「70点」だったから。

社会人になると、未来が見える。自分でもびっくりするぐらい。あと数年後にマネージャーになって仕事はこんな仕事、年収は~ぐらいで、住んでる場所はこの辺で、~年後ぐらいに結婚して、何歳ぐらいになったら子供を産んで。見えた未来に点数を付けたら、70点ぐらいだった。悪くない。仕事もそこそこ面白いし、年収も良い。だけど、70点で人生が終わって満足なのかな。定年迎えて「あ~予想通り70点だった!」って、なんかダサくないかっ!? 子供から見てわくわくする大人になってるか?

 

若さの特権を使えるのがあと数年だと思ったから

若いって素晴らしいよ。若いだけでチヤホヤされるし、教えてくれるし、世間の評価も甘い。注目もされる。メリットしかない。

何をやるか、どこでやるかで「若い」は変わる。

25歳でプロ野球選手を目指すには遅すぎるし、40歳で総理大臣になるには若すぎる。(と世間では思われている)

会社を立ち上げることに関して言えば、25歳は「けっこう若い」。

でも、若いと言われるのは30歳ぐらいまでだろうな。あと5年。

この5年を「別に若くない25歳のサラリーマン」として時を過ごすのはもったいないと思った。

 

blog.goo.ne.jp

重要なお知らせ 

いろいろ書きたいことはありますが、ブログは一旦ここで一時ストップします。

ありがたいことに、現在は報酬ももらって仕事をしております。助けていただいてる方々には頭が上がりません。こんな場で大変恐縮ではございますが感謝申し上げます。一時仕事に専念したいのでブログは更新ストップしますが、今後ともよろしくお願いします。下書きにはネタがたくさんなんですが、書く時間がかなり限られた状態ですので5月ごろの再開予定です。