アイデアの力

僕の友人の友人の話だ。仮に彼の名をデーブと呼ぼう。デーブはよく出張に行く。この間も、顧客との重要な打ち合わせのためアトランティックシティに出向いた。仕事を終え、帰りの飛行機まで時間があったので、地元のバーで一杯飲むことにした。

 ちょうど一杯の見終えたとき、魅力的な女性が近づいてきた。

 「もう一杯いかが?ごちそうするわ。」

 ちょっと驚いたが、悪い気はしない。「いいね」と答えた。女性はバーコーナーに行き、飲み物を二杯持ってきた。一杯は自分がとり、一杯をデーブに差し出す。デーブはお礼を言うと、グラスに口をつけた。記憶はそこでおわり。

 いや、正確には、目を覚ますまでの記憶が飛んでいるのだ。目覚めたとき、デーブはホテルの風呂の中で氷水に浸かっていた。頭が混乱している。

 デーブはあわててあたりを見回した。ここはどこだ?いったいなぜ、こんなところにいるんだろう。そのとき、一枚のメモに気づいた。

 「動くな。救急車をよべ」

 風呂のそばの小さなテーブルの上に、携帯電話がおかれていた。デーブはかじかんだ指で不器用に911番をプッシュした。電話相手は奇妙なことに、彼がおかれた状況を熟知しているようだった。

 「いいですか、ゆっくりと気をつけながら、背中に手を回してみてください。腰のあたりからチューブが出ていませんか?」

 デーブは不安にかられながら、腰の辺りを手探りした。確かに、チューブが突き出ている。電話相手は言った。

 「落ち着いて聞いてください。あなたは腎臓を一つとられたのです。この町で暗躍する臓器狩り組織の犯行ですね。今、救急車がそちらに向かっています。動かずに待っていてください。」

 

さて、一度この記事を閉じて上の話を思い出して欲しい。

きっと、かなり細かく思いだせるはず。結構長い文章だ。普通の小説やコラムだったらこんなにたくさんの量を覚えていることはない。

都市伝説をはじめとした話は印象が強く拡まる。例えばコーラを飲むと骨が溶ける。マクドナルドのポテトやハンバーガーは腐らない、など。

では、どんな要素があると思い出しやすかったり記憶に残るのだろうか。

 

そんなことを紹介した本。勝間和代さんを有名にした本と言っても過言ではない。

まとめだけでお腹いっぱいだけど、詳しく読みたい人は是非。