超一流の定義

 

 

 

 

 うーん、天才的。。

 

 中学校の時に衝撃を受けた、ピカソの絵。うん、まったくわけがわからない。

でもピカソはこれを「私は対象を見えるようにではなく、私が思うように描くのだ。」という言葉で説明しましたよ。

 

 キュビズムというのは、カメラを何方向からも撮って、それを一枚の絵にするということ。

風景画や人物絵なら写真でいいじゃん、おれの好きなもの描かせてよ!!ってことか。

 

 人はだれしも絵画を理解しようとする。

それならなぜ小鳥の歌を理解しようとしないのだろう。


 ピカソの絵は理解しようとしてはいけない。

 

 一流の人って、すごいと思えるんだよね。あぁ、努力の果てにはこんなことが起きるのかって理解できる。超一流になると逆に理解できない。彼/女はどうなったらこうなったのだろう、って。

超一流のサッカー選手やテニス選手、手品師なんかも、本当はすごいテクニックや思考があってのものであっても、まるで子供がやっているかのように、簡単に見える。

 

 ピカソもそう。子供が描いてるように見えるけど、ほんとはすごいテクニックや思考があってこの絵なんだろうね。

 

大好きなピカソの最後の名言

「私にもやっと、子供のような絵が描けた」