読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMURAYU

1pxのモザイク

日本語練習帳

 ブログを書くにあたり、うまく文章を書かないと。

コピーライティングみたいなものを学ぶ前に、しっかりとした日本語を

学ぶ必要があると思い、名著を読む。

 

 

www.amazon.co.jp

 

アフィリエイト目的ではないので真ん中に貼ろう。

 

内容はというと

 

 
《単語に敏感になろう》
Question 「思う」と「考える」はなにが違うか。
  
「思う」と「考える」の意味を論理的に考えるのではなく
「思いしらせる」、「思いとどまる」、「思い浮かべる」、「思い浮かぶ」などなど
違う言葉をくっつけてみる。
これらは考えるに置き換えることはできない。
思うはもともと、思ひ人(恋愛)からできた言葉。
考えるは構成などを考える時に使う単語。
デカルトは「我思う、故に我あり」と訳される。
でもほんとは「我考える、故に我あり」と訳された方が自然らしい。
 
漢語は二字熟語が多い。
感じは一字一字の意味を確認していくことが大切。
明白、明確、明瞭、明晰。
これらは、やまと言葉で言うと「はっきりと」。
 
大和言葉をどう言い換えていくかが国語力。
ちなみに鮮明は大和言葉では「あざやかであきらか。」
英語でも大和言葉同様で、短く言うことはできない。
 
国語力を高める一番いい方法は文章を縮約すること。
 
などなどが詳しく書いてある。
 
個人的に日本語の使い方うまいなぁと思うのは 、と。の使いかた。
うまい人はひとつひとつの文章が短い。
これはプレゼンでも一緒な気がする。
 
なかなかの名著でした。
おすすめ。