読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAMURAYU

1pxのモザイク

運転席での爆発的な情報

このブログは、Audi Urban Future Initiativeのブログを

管理人が翻訳したものです。

もしかしたら間違い等あるかもしれませんが、大目に

見ていただければと思います。

 ______________________________________________

 

UR:BANという団体の運転中の人々(“Humans in Traffic”)というプロジェクトは、

運転手の未来のアシスト&情報システムに力を入れている。都市の中でどんな運転者でもリラックスし、効率的かつ安全に旅ができるよう、運転者と車がうまく機能するようにかなり気を使ってデザインしている。

 

未来のことを考えると、運転中に危機的な問題を避けることは可能である。

機械によって、運転中に見える視界は驚くほど広がった。ある優秀なアシスタントシステムは、運転中の複雑な状況をよく学習しています。とミュンヘン大学の心理学者、Klaus Bengler教授(プロジェクトマネジャー)は言う。反対に、それぞれのシステムがそれぞれのやり方で運転手の注意を引きつけるのは効果的ではない。例えば、こんな状況だ。交差点に近づくにつれ、ナビはどこに行けばいいかアナウンスする。その時、信号機用のアシストシステムは、信号が青の間にそのままのスピードで突っ走れと言う。すると突然、歩行者が道路を渡ろうとしてきた。すると、車の危険信号が鳴る。

こんな状況では、運転手は常にストレスにさらされる。

 

このような理由で、違う機能のものが作動するインターフェイスは様々なアシストと交通情報をくっつけもの、例えば全ての情報、おすすめや危険信号を調整し、はっきりそして理解できる形で調整する。人間と機械間にあるインターフェイスの正確さを向上させるプロジェクトをヴォルクスワーゲンのチームは取り組んでいる。

結局、道が分からなくて困っている人よりも、注意深く集中力があり熟練の運転手はこういった助けはあまり必要ではないだろう。

これらの個々のニーズの理解は、行動を予想し意向を理解する要素がある。

メソッドは運転の癖や行動のパターンを分析することで発展してきた。

この目的は、様々なソフトウェアがリアルタイムで運転手はアクセルとブレーキをどのように押されているか、運転席でどこを向いているか、見ているかなどを記録する。

また、このシステムは、例えばレーンを変えるもしくは車の追い越しをしようとすること、駐車場を探そうすることや窓からチラリと見ることの違いを認識することができる。このシステムは運転手が次に何をするか、それを支援するように予測することができる。

 これは色んな方法でサポートしたり、運転手に注意を促すアラームと注意を逸らすものを判別することができるテクノロジーだと言うことができる。もしスマホを操作していて気が散り違反するようであれば、車内部の探知システムが注意を促す、とBengler教授は説明する。このシステムの必要条件はもちろん、常に監視される必要がある。

すべての人が気に入るわけではないだろう。それでも、このシステムは命を救いうる。

統計が示す通り、多くの人は運転中にスマホを見ないことを我慢できない。

未来の車は現在の交通状況のシナリオ評価し、目的地までの最短距離を教えてくれる。

ではどうやってシステムは決断をしているのだろうか。

モラルの問題と法的な問題は学問を超えた討論の議題として存在している。

 

終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典*

http://audi-urban-future-initiative.com/blog/seamless-flow-of-information-in-cockpit