人生の目標 随時追記予定

人生で達成したい目標(過去分含む)を書いていく!

(公に公開できる分、かつブログでも書きたいような内容のみ紹介。)

 

続きを読む

スキルよりも心のバリアの方が重要になる時代

時代を語るにはまだまだな中村です。(タイトルはいつも通り煽った)
久しぶりのブログだけど、友人と話していて思ったことを綴ります。

全てのことにアクセスしやすくなった時代

動画を作る、HPを作る、ハードウェアを作る。これまで難しかったことが、かなり気軽に、少額でできるようになりました。偉人たちとスーパーマンが一般の人でも使いやすいように加工してサービスを提供してくれてるお陰です。

こんなに新しいサービスが生まれ、流行が生まれ、認知度もあるのに、やろうとしない人たちもたくさんいます。みんながやってるからやりたくない、恥ずかしい、分からない(分かろうとしない)、自分には向いてない。。

恥ずかしさを捨て、新しいことにチャレンジできるか

最近、若い子たちが何をしているかを聞いたり調べています。

結論は「動画」で、観る・撮る、どちらも楽しんでいます。

具体的にはYouTubeをはじめ、instagramのライブや、ライブコマース、tik tokなど、動画がめちゃくちゃ流行っている。

 

じゃあ大人は?

大人は、動画を撮る手段を持っているにも関わらず、活用している人はほとんど見た事がない。動画編集の億劫さと、容量が重い、撮るのに慣れていない、そんな声を聞く。

それよりも思うのは、「動画で撮られている」ことに心のバリアがあるのでは?

緊張しちゃう、つい意識してしまう、面白いことができない、言えない...

知名度アップ、ブランディング、ファン作りに今や動画サービスの活用は無視できないと思う。スキルがないわけではなく、そこに心のバリアがある。

動画に出てファンを増やす(心のバリアがない)人と動画編集できる(スキルがある)人、今の時代はどちらが価値が高いかは言うまでもない。

最近流行りのYouTubeをやってみたい

自分も動画を撮る(自撮り)ことに違和感みたいなのはまだあるので、少しずつ慣れていこうと最近動画を撮りまくってます。

友人とともにYouTubeチャンネルを作ろうと企画中です!

 

P.S.

弊社のサービスのプロモーション動画作りましたんで、もしよかったらご覧ください。

 

 

 

 

パーソナルモビリティ、はよ!

f:id:yuunakamura817:20180304003004j:plain

いつまで歩いてるんすか現代人。。

 漫画「ヒカルの碁」で、現代によみがえった天才囲碁棋士・藤原佐為の霊が、傘について疑問を抱く描写がありました。主人公の進藤ヒカルから、人類が月に行ったことを教えられた佐為は、「それほど技術が進歩しているのに、どうして傘のかたちは昔と変わっていないのか」というようなことを尋ねるのです。

 http://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/479/1479472/

 もっとも大事なのは、もっとも非効率でもっとも長い時間を費やしてる「歩く」という動作でしょ!

www.youtube.com

www.youtube.com

 

社会貢献×スキル×当事者意識

本日、とある団体の面接を受けてきました。そこでやはり聞かれたのが「なぜ保活支援事業をしているのか?」。自分は3つの視点で答えました。

1.当事者ではないこと
2.想像できる範囲内のこと
3.社会の貢献度

この3つが合わさったのが今の事業でした。

f:id:yuunakamura817:20180304002742j:plain

続きを読む

偏見を集めよう

偏見というのは、二つの発見がある。
偏見という言葉は、世間がこう思っているけど自分はそれに反して違うと思っているもの。
でも。そもそも世間がこう思っていると思うこと自体が偏見なのである。


だから、「世間が思っていること(と思っていること)」と、「みんなと違うだろう自分の考え」の二つが偏見なのである。

偏見を集めれば、自分の思考の癖が分かってくる。偏見を集めよう。

 

f:id:yuunakamura817:20180304000121j:plain

毎年の年末年始旅行

夕焼け

早いことでもう2018年になってしまいました。
2018年の抱負とか置いといて、毎年行っている旅行についてお話ししたいと思います。

始まりは2014年。新年に実家にいるのがあまり好きではないメンバーで旅行に出かけました。家にいる時間もったいない!

続きを読む

組織に属する、ということ

組織を作ることを決意してからはや1年半。
やはり自分もいろんな組織に属していることで学べることが多いなぁと思うので、今後はいろんな組織に属してみたいなと思ってます。

組織=社会=社会人!

そこで今回は、とあるお堅そうな組織に見学としてお邪魔してみました。

f:id:yuunakamura817:20171222203436j:plain

見学一発目から先輩たちの卒業式にお邪魔しました。

この組織が面白いのは、会費を払って公共事業をすること、そして会員のほとんどが独立(事業者)している人ってこと。

卒業生の人たちの熱いスピーチも聞けました。

「どうしても変えたいことがあって、ルールを破ろう、変えようとしたけどダメだった。地域、そしてこの組織のために立ち向かったけど、ダメだった。でもやり遂げた」

 みたいな話をしている女性がいて、すごい熱いなと思った。ルールとか習慣は作る側に立つか、グレーゾーンを責めるか、もしくは反対者を組織から除外するしかない。

まだこの団体に加入することが決まったわけではないので名前は伏せていますが、これともう一つ別の団体にも加入しようと思っています。どちらも推薦者が必要なんですが、推薦者は周りにいるものではなく作りにいくものだと思うので全く問題なしです。

外に出ると、やはり発見もあるし新たな機会に恵まれます。来年はひたすら外に出たいと思います。今年は中に居過ぎた。